Hello Again! 8年ぶりに目覚めた情熱、台湾旅日記。

人ってきっとみんな、「私もしかして前世ここに住んでたんじゃない?」と感じずにはいられない国があるんじゃないかと思うんですが、私の場合、そう思える国が「飛行機で2時間半」で着く場所で良かったなあと感じました。IMG_7591

私の台湾への愛の始まりは、高校時代から勉強し始めた中国語。
そしてハマった深夜の台湾ドラマや中国語の音楽、大学も中国語の推薦があって決まり、辿り着いた2年間の台湾での大学生活…と。
台湾人の友だちと日々を過ごすうちに、自分が日本人だということを忘れてしまうほど、私にとっての台湾はとても特別で、大好き。

だけど、台湾での留学を終えた8年前(当時21歳)の私は、「もし次に台湾に来る機会があるなら、絶対に仕事で来たい!」と密かな野望を胸に抱いていたのでした。

近いからいつでも飛んでくることはできる、と思っていたけれど…
そうこうしてたら、気付けば8年も経っていたなんて!

もういい加減、旅行でもなんでも遊びに行ってやろうかと思い始めていた矢先、、、
愛すべき友だちのしおたん(@ciotan)が編集長を務める「THE BAKE MAGAZINE」で、焼きたてチーズタルトBAKEの台湾への出店に関する記事を書いて欲しいという嬉しい依頼をもらいまして。

待ちに待ったチャンスに「嬉しい!ありがとう!なんでもやる!愛してる!」と、しおたんも若干引くほどのやる気で、大急ぎで台湾行きのチケットを取って、Airbnbで宿を押さえ・・・

出発前日は「あの青春を過ごした街へまた行けるのか…!」と嬉し泣きしましたよ。台湾の蒸し暑いベタっとした空気と夜市の活気と台湾名物の臭豆腐の匂いを思い浮かべるだけで、胸が高まる…!(大丈夫か私)

IMG_7480

そんな暑苦しい想いで到着した台湾!ただいま台湾!!

ちょっぴり不安もあったけれど、2年も住んでた台湾はやっぱりホームタウン。
「うわー懐かしい!」「そうそう、これこれ!」と心の中で大興奮しながら、3泊4日の一瞬一瞬を堪能しました。食べたいものも行きたい場所もありすぎて、晩ごはんを3回食べた日もあったし(笑)足の感覚なくなるぐらい歩いてた日もあったけれど…

だけどもう、台湾の良いところも、日本では考えられないようなことも、すべてが愛おしくて嬉しくて。この生活が日常だった8年前の自分を羨ましくも感じました。

毎朝食べた、朝ごはん屋さんの朝ごはんから一日はスタート。

IMG_7891

メジャーな朝ごはん屋さん、”永和豆漿大王”

台湾は、あまり自宅で料理をしない(そもそも割高だし、大学生の一人暮らしの家にはキッチンが無いのがほとんど)ということもあり、朝ごはん屋さん、昼ご飯屋さん、夜ご飯屋さん、さらには夜食屋さんと、それぞれが専門のお店として存在しています。

IMG_7890

鹹豆漿,油條,蘿蔔糕

そして昼は、話題の「文創(文化創造地区)」や代官山蔦屋書店のモデルともなったと言われている「誠品書店」に遊びに行ってみたり。

IMG_7518

松山文創にある、誠品生活

古い昔ながらの街並みを歩いていても、突然あらわれる壁面アート!

IMG_7727

中山文創付近

MADE IN TAIWANをとても大事にしていて、沢山の台湾出身クリエイターたちによる店が並ぶ。クラシックなものと新しいものが入り交じる感じは、まるでNYのような雰囲気すら感じました。

もちろん夜は、毎晩、夜市を散策!

IMG_7773

通化夜市の”鹽水雞“

同じゲストハウスに泊まっていた現地の台湾ガールズにお薦めの夜市を聞いて、毎日時間を惜しんで回りまくりました。台湾人の日常でもある熱気溢れる夜市は、台湾旅行の一番の楽しみでもあります。

台湾といえば!のタピオカミルクティーや小籠包、マンゴーかき氷など、定番メニューも押さえつつ…

IMG_7553

あっさりしていて人気、”高記”のなずな小籠包

IMG_7609

現地人も並ぶ、辛發亭のマンゴー雪花冰。ふわふわ。

せっかく住んでいた街なのだから!と冒険して、当時から大好きだったディープなガチョウ肉屋さんで、一人では食べきれない量の、切りたての燻製ガチョウ肉を食べたり(これがめちゃくちゃ美味しい!)。

IMG_7765

鵝肉池の燻製ガチョウ肉!生姜と甘味噌で食べます

現地の台湾人たちの楽しみの一つでもある、ディープな深夜のお粥屋さんも!

IMG_8002

深夜しか開いてない、小李子のお粥。夜食なのに食べ放題。

ちょっともう、食べ物ネタばかりで失礼…
だけど、本当に、台湾は美味しい!食べては歩き、歩いてたらまたお腹がすいて、ふと隣りを見たら夜食屋さんがオープンしてる、なんてことも続くゆえ、ついつい食い倒れしてしまうのです。

食と共に目覚め、食と共に眠りにつく…
知ってる方は多いかもしれませんが、台湾人の一般的な挨拶は「吃飯了嗎?(ご飯食べた?)」なんです。こんにちは、じゃなくて、ご飯食べた?

歴史的な背景が理由とも言われていますが、それぐらい、台湾人にとって「食べること」は切っても切り離せない関係(・・・・だから、多少食べ過ぎてもいいと言い聞かす)。

そしてもちろん、忘れちゃいけない!
今回の一番の目的でもあるBAKE台北店のオープニングイベント。当日は準備からお手伝いさせてもらい、カメラ片手に貴重なイベントにも参加させていただきました(そしてチーズタルトもいっぱい食べた!)。

4f28334f-d6d9-4845-9620-b34db16002c2-2-コピー

代表の真太郎さんと、海外事業部長の印牧さん

イベントは大盛況!温かく迎えてくれた、BAKEの皆さんと。

IMG_7911

今回の旅の目的もかなって、公開された記事はこちらでした。読んでくださった皆さん、ありがとうございます!

台湾初上陸!焼きたてチーズタルトBAKEが台北にオープン。若者に人気のスポット&台湾スイーツをご紹介

スクリーンショット 2016-06-25 19.50.29

Hello, Taipei!台北, 你好!BAKE CHEESE TARTの台湾初上陸で、現場はこんな盛り上がり!

これまで他のメディアに寄稿したりということはありましたが、こうしたイベントレポートをするような”ライター”としてのお仕事はこれが初めて。

すでに現地でもオープン前から話題になっていたBAKEのチーズタルトのおかげで、ゲストハウスでもすっかり人気者になれたのも、良い思い出です。

そんなこんなで、たっぷり堪能しつくした台湾の旅。
もちろんまだまだ足りないけれど、疲れきってるはずの帰りの飛行機では、まだワクワクして色んなことを考えました。次はこんなことしたい!あんな場所にも行きたい!と夢は膨らみ、夜もなかなか寝付けず。

8年かかったけれど、待って良かった。
もちろん、8年前に台湾の空港を出発したときには、次来るのにこんなにも時間がかかるなんて思っていなかったけれど。
それでも待ってる間に、台湾への情熱は醸成されて、すっかり特別な存在になっていました。

台湾がどこにあるのかも知らずに留学に飛び立った、10年前の自分…(若い)

196246_187804067929923_5760905_n

今回、28歳になって、8年ぶりに台湾へ行って、、、
記憶がぶわっと蘇って、なんだかあの時の冒険の続きがまた始まったような気分になりました。

台湾で大学時代を一緒に過ごした友達たちは、私のことを”台湾人になりたい日本人”と呼んでいて、どちらかと言えば日本人に憧れる台湾人が多い中で「そんなことありえない!」なんて笑っていたけれど。あながちそれも間違ってない。

やっぱりいいな、台湾。ほっこり懐かしくて、温かい。
初めて行った人でも、そんな風に感じられる場所。

instagramのアカウントの方で、沢山写真や動画をアップしていたので、台湾行く予定のある方、宜しければぜひ、ディープも定番もぜひチェックしてみてくださいね!https://www.instagram.com/rei_tanaka

というわけで、台湾の旅記録でした。
我一定會再來的!謝謝台灣!また来るよ、ありがとう台湾!

 

(As I Am.)就愛這樣的我:)
(Ray)小伶

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Be Sociable, Share!

    MY COMMUNITY!