見ている景色は違っても、見ている目標は変わらない。

一週間ぶりの更新です。
思わず続けて更新してしまった理由は、
8月31日という夏の終わりに、なんとなく何か自分の生きざまや、
頭の中身を残しておかなくちゃとおもったから。

そして、ふと今年の1月3日に書いていた
「新年のMission Statement」のデータを、PCの中で見つけてしまったから。

私は毎年新年が明けたタイミングで、
昨年の振り返りと新しい一年の抱負なるものを
「Mission Statement」というかたちで残しているのですが、
まだ前の仕事の色々な後始末をしていた頃、
次の自分のキャリアも何も決まっていなかった当時に書いていた
自分の「2014年の目標」を見ていて、気づくことがありました。

 

肩書きや環境が変わっても、目標ってそのまま

2012年の目標を考えたのは、まだ上京もしていない頃。
2013年の目標を考えたのは、まだ自分の会社にフルコミットもしていない頃。
さらに2014年の目標を考えたのは、まだ自分のサービスをどうするか、
次のキャリアも決まっていなかった頃。

だけどそんなテーマの元、自分が書いていた沢山の目標たちは、
目標の年収だったり、絶対にここに引っ越す!というものだったり、
親に返したい借金の額だったり、友好関係に関することだったり、
自分の生き方として大切にしたいことだったり。

具体的なものから抽象的なものまで様々。
だけど、ちゃんと一年を振り返ったときにその目標たちを見ると、
ちゃんと「叶えられていること」がほとんどだったんですね。

いや、「ほとんど」というよりは、完遂しているものしかなかった。

振り返ってみて分かったことは、
自分の肩書きや働き方がどんな風に変わろうが、
自分がたてた目標というのはいつでもそこにあって、変わらなくて、
そして、必ず叶えられるということ。

だから「これから先がどうなるかなんて分からないし」と
目標をたてることを先延ばしにしたり、
自分の「現状の環境」だけに関わる目標だけを立てることは、
実はとってももったいないことなんだなと。

これは自分でやってみて、まさに実証した答えでもあります。

 

Strength Finder で見えた「目標志向」

で、やたら「目標」とか「自分のなりたい姿」みたなテーマが好きな私。(笑)
その理由や傾向についても、第三者的に分かったことが今年ありました。

それはスクー社全員でやってみた、「Strength Finder」の結果!

社員研修などでやったことがある方も多いはず。
この一冊にはIDがついていて、WEB上でアクセスすると、簡単な診断テストが受講可能。
30分ほどのテストを受けると、自分の「強み」が何か、
そしてそれらの「強み」が自分の中でどんな優先順位で働いているのか?
ということが、結果として出てくるんですね。

私の場合、そこで出てきたトップの結果は「目標志向」でした。

詳細はこんな感じ。

目標志向

「私はどこに向かっているのか?」とあなたは自問します。毎日、この質問を繰り返します。目標志向という資質のために、あなたは明確な行き先を必要とします。行き先がないと、あなたの生活や仕事はたちまち苛立たしいものになる可能性があります。ですから毎年、毎月、さらに毎週でさえ、あなたは目標を設定します。この目標はあなたの羅針盤となり、優先順位を決定したり、行き先に向かうコースに戻るために必要な修正をする上で、あなたを助けてくれます。あなたの目標志向は素晴らしい力を持っています。何故ならそれはあなたの行動をふるいにかけさせるからです。――すなわち、特定の行動が目標へ近づくために役に立つかどうかを本能的に評価し、役に立たない行動を無視します。そして最終的に、あなたの目標志向はあなたを効率的にさせるのです。当然ながらこの裏返しとして、あなたは遅れや障害や、例えそれがどんなに興味深く見えようとも本筋から外れることにいらいらするようになります。このことは、あなたを集団の一員として非常に貴重な存在にしています。他の人が脇道にそれ始めると、あなたは彼らを本筋へ連れ戻します。あなたの目標志向は、目標に向かって進むために役に立っていないものは重要ではないということを、あらゆる人に気付かせます。そしてもし重要でないなら、それは時間を割く価値がないということです。あなたは、あらゆる人を進路から外れさせません。

ああ、やっぱり。という感じでしたね。(笑)

自分では「目標設定をすることが、すごくハマるなあ」なんて思っていたけれど、
こうしたテストで改めて「これ!」と出ると、
ああ自分にはこういう生き方やキャリアの築き方が合ってるんだなと
思わせられることにもなりました。納得。

キャリアや目標の築き方、色々なやり方があるし、
合う人も合わない人もいる、だけどこうした簡単なテストで
実は自分の傾向や志向性がわかるのは良いなあと感じました。

もちろんこれがすべてではないけれど、
もしまだやったことがない!という方には、是非、お薦めです。

 

見ている景色は違っても、見ている目標は同じ

はてさて、そんなことをふと思ったので、
思わず備忘録的にブログを書いていた8月31日。夏の終わり。

ちょうど一年前の今日は何をしていたのか?と思い返すと、2013年8月31日。
私が前に運営していたサービス「マジコウ」のメンバーたちと
マジコウ合宿なるイベントを開催していました。

東京と大阪で少しずつできた仲間たちが
岐阜県で一堂に会する大イベント。

バスを借りきって、そこに初めて東京と大阪のメンバーが大集結し、
皆でラフティングに行ったり、ログハウスで朝まで語らったり、
ひと夏の大冒険をしたことが懐かしいです。

そんな思い出を振り返ると、
今見ている景色を、一年前、岐阜ではしゃいでいた自分は想像できるかしら?と。(笑)
つい感じてしまうこともあります。

そして当時のメンバーたちも、
一年前のこの思い出を振り返ることはあるかしら?と。
振り返って、少しでも良い思い出があれば良いけれど。
この時期に、人生を変える収穫があったと、思ってくれていれば良いけれど。

そんなことを思いながら、2日前の夜中に、
元マジコウメンバーから突然送られてきたメッセージを思い返しました。

当時、キャリアカウンセリングをしていたメンバー。
マジコウでの沢山の経験や訓練を経て、念願だった有名CM制作会社に入社。
そして先日、ようやく自分が関わった映像が完成したとのこと。

それが初めて完成したそのタイミングで、
わざわざ報告のために、久しぶりのメッセージをくれたんですね。(泣)

「今こうしてこういう仕事ができているのも、
伶さんのおかげだと勝手に思わせてもらっています」なんて
涙が出そうなメッセージを送ってきてくれた彼の存在が、
色々と悩んでいた私を救ってくれました。

ちなみに彼が寿命を削って関わったというのが、「高性能爆薬で作る野菜ジュース」という映像!
こちらから実際に見ることができます。めっちゃカッコイイ上に、面白い!

スクリーンショット 2014-08-31 14.43.36

奇しくも今日は、8月31日、野菜の日。
がんばれよ〜!って、言わなくても、がんばってるか。

見ている景色は違っても、見ている目標は変わらない。
見ている木々は違っても、見ている山は変わらない。

日々、それぞれの場所で、日本で、海外で、戦っている仲間に想いを馳せて。

 

As I Am.
Ray

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Be Sociable, Share!

    MY COMMUNITY!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です