田中伶のブログ「As I Am.」は、次のフェーズへ。

自分で立ち上げたサービスを昨年末でクローズさせ、
Schoo(スクー)という大好きなサービスで”世の中から卒業をなくす”
というミッションを達成する一員になってから1ヵ月以上が経ちました。
世の中にあるもの全てが学びになる、ということを実証すべく、動きまくってます。
早い。早すぎる。時間についていくのに、必死。
そしてめちゃくちゃ楽しい。そんな日々です。

正方形ロゴ_schoo
ここ最近の私としては、平日はバタバタ、こってりお仕事して。
正直なところ、これまで5年以上、毎日休まず更新してきたブログも
なかなか時間を作ってアウトプットすることが難しくなってきました。

インプットしたことをアウトプットする場所がほかに出来たこと、
そして、自分にとっての優先順位が、自分自身がここで発信することよりも、
スクーというサービスを通して成果を残すことに寄ってきたこと…
そういったことが重なって、毎日ブログを更新することに固執するよりも、
質の高い学びや知識、経験を、ここで発信したほうが、
自分にとって価値のあることなのでは?と思うようになったのが事実です。

自分に知識や実績がないからこそ、
”毎日更新する、ということに価値がある” と思い、
年中無休ブログを開設した21歳の春。今から5年以上前!
そう考えると、そんなフェーズから、一つ上に行ったのかも知れません。

そういえば、一年くらい前に、
「ブログを書く」ということが義務のようになっていて、
更新したくてやっているよりも、守らなきゃいけないからやっている、と。
だからもう、いっそのこと辞めちゃおうかなあと。
そんな風に悩んだときに友達がくれた最高の一言がありました。

そのときの記事。去年の1月。
”好きでやっていることと、義務感の話” というタイトルの記事でした。

毎朝8時更新のこのブログを、続けるか否か?

このことを悩んでいる記事は、ずっと前にも書いていて、もうすぐ4年目を迎えるわけですが、なんだか毎日更新することに必死で、時にクオリティを保てないことを悩む時もあるし、質の高いものを書くよりも、毎朝8時に間に合わせることを優先してしまうことだって正直、ある。

最初は自分の勉強のために、とやっていたことも、気付けば毎日のタスクの一部となってプレッシャーを感じてしまったり。そして、せっかくノミネートされたBLOGOSのBLOGOS AWARD2012では、惜しくも新人賞を逃してしまうし。(まだ根に持ってる。笑)

あのときちょっと思ったんですよね、「あ、やめどきかな」と。
で、年末を迎える前にSaturday Brunchの仲間に相談していたんです。

saturdaybrunch5

もともと好きで始めたことなのに、気付けば「義務感」になってしまっていること。「やりたい」が「やらなくちゃ」になった瞬間、楽しくなくなることもある。

ブログのPV数だって気になるし、そこそこ時間のかかることだったりするから、費用対効果的にも、そこまで頑固に続ける価値のあることなのか?と自問自答することもある。

その時、Brunchパートナーの二人には、「確かに、手段と目的を間違ってしまっているかもね」「なんだか好きなことがタスクになってしまうと、急に良い物が生み出せなくなっちゃうよね」という言葉をもらって。私自身も「ウンウン、そーなの」と頷いていたんです。

cowork

そうして、だけど結局「やめる」という決断はできないまま、同じ事をモヤモヤと考えながら、だけどその度に、私のブログをきっかけにブログを始めました、なんて人の声を聞いたり思い出したりする。そして何度も思いとどまったり、決意を新たにしてみたり。(尊敬している大前研一先生によると、この”決意を新たする”ことが一番ムダだと言うんですけどね。笑)

結論、As I Am「自分らしく」ある方法がまさにこのブログだったわけで、
辞めるほどの勇気もありませんでした。

そしてその後、年明けのSaturday Brunchでそのことを伝え、自分の支えにもなっているこの活動を続ける、なんて話を友人にしたときに言われたこと。

「あれから、ちょっと考えてみた。ブログを書くのがなんだか気付けばプレッシャーで、義務感になってるって言ってたじゃない?でもさ、自分の人生に、ちょっとの義務感ぐらいないと。経営者である以前に、まだ20代でこれからなんだから。」

この言葉を聞いて、思わず唸ってしまいました。
なんだか自己暗示のように「これは私がやりたいことだから、出来て当たり前!」と言い聞かせることが多かったけれど、そのせいで、好きでやっていることが義務になってしまうことにものすごく抵抗を感じていたけれど。

いやいや、義務ですよ。それで、良いんですよ、と。

そんな風に感じると、なんだか不思議と楽になることを感じました。
私にとってブログは直接ビジネスになることではない、だけど自分自身を律するためには昔と変わらず、今も必要なツール。それは自分自身のための義務であり、その義務を楽しもうとしている自分がいる。それだけの話なわけです。

自分で書いた記事を、懐かしく感じました。
そういう意味では「自分を律する」というフェーズを、卒業したのかな、とも感じました。

毎日ブログを更新しなくたって、ちゃんと成長できる場所がある。
自分を律することを、ルール化しなくても出来るようになる。
なにより、浅いことよりも、しっかりこってり、これまでどおり、
自分の経験を元にした
記事を書きたいなあ、という想いもありました。

もちろん、これまで続けてきたことを辞めるのは勇気がいるし、
なにより毎日楽しみに見てくださっていた読者の皆さんを、
がっかりさせてしまうこともあるかも知れないけれど。
とはいえ、私は姿を消すわけではないので、あしからず。(笑)

ちょっとした告知や、近況報告も兼ねて、週に一度ぐらいは登場すると思います。
実体験やリアルな学びに基づいた、キャリア学をたずさえて。

読者の皆さんにとっては、
面白い記事が読めるかどうか、ということの方が大事なこと。
私にとっても、そんな読者の方の期待を守ることのほうが、大事なわけです。

写真

気付けば、21歳のときから5年以上も、年中無休で更新してました。
「えーと、23歳の11月17日は何書いてたんだっけ?」と、
適当に数字を並べても、ちゃんとそこには記事があるなんて、
結構すごいと自分では思ってます。(笑)

> ちなみに23歳の11月17日の記事はこれでした。

そんな自分が続けてきた習慣と、それによって得た経験を、ちゃんと自信に変えて。
毎日更新しなくなってしまったから終わり、というのではなく、
これからもインプットとアウトプットの繰り返しを
リアルな毎日の仕事を通じて頑張っていきたいと思います。

なんとなく、これまで長く続けてきたことを辞めるには勇気が必要だったので(笑)
「ご報告。」というかたちでブログにまとめてみました。

・・・とはいえ、一方で。
相変わらず、こちらのビジネス書キュレーションサロンの方で、
ブログには書けないことや、日々読んでいるビジネス書の話などは、
日々更新していたりします。オフ会もやってます。(笑)

写真 1

初月は無料なので、興味の有る方は、ぜひぜひ参加してみてください。
こちらでは、参加している方同士(つまり読者の方同士)での
コミュニケーションもあったりするので、一方的な発信となるブログよりも楽しみは増すはず!

ブログの毎日更新が無くなった分、こちらでのアウトプットも増えそうです。

写真-353

現在、第三期メンバーを募集中!


さて、そんなわけで。
これからも田中伶は、皆さんに見守られながら、すくすく成長していきます。
皆さんに「コイツを見守ってて良かった」と、思わせます。
2014年の目標は、リアルで結果を残す、ですから。

最後まで読んでいただき、有難うございました!
そして、これからもお楽しみに・・・*

As I Am.
Ray

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Be Sociable, Share!

    MY COMMUNITY!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です