【FREE(番外編)】タダのものは大切にしない?

おはようございます!

私事ではありますが、本日は
「WEST BOOSTER 2011winter」というイベントに参加いたします。

スタートアップ経営者・起業志望者・学生など
アントレプレナーシップを持った方々に対して、起業・事業創造をテーマに、
ロールモデルとなる方からのスピーチと新サービスのプレゼンによる刺激により、
アントレプレナーシップの発揮を加速させるMeeting!

Wondershakeの村岡氏を始め、ナチュラルリンクの片岡社長など、
以前から知っている起業家の皆様が講演されるとのことで、今から楽しみ!

> West Booster2011 winter

参加予定の方で、私を見かけた方は、是非声をかけてくださいね。

 

さてさて。それでは本日の本題。

先日からFREEの経済モデルについてご紹介していますが、
本日の記事では、ちょっと番外編・・・【タダのものは大事にしない?】というお話です。

なんだかちょっと考え込んでしまうテーマですよね。

例えば、今なら初回登録料がタダ!なんて言われれば、お得!と思って飛びついてしまうのに。
居酒屋でドリンク1杯無料!と言われれば、じゃあそのお店にしようかな?なんて思えるのに。

 

スーパーで、「どれも無料です」と書いたワゴンにおにぎりがあったら・・・
ほんとうに大丈夫?と、ちょっと戸惑ってしまいますよね。

FREEに紹介されているエピソードの中で、こんなものがありました。

 

—————————————————————————-

グーグル社の会議室には、ありとあらゆるお菓子が並んだラックがあり、
出席者のほとんどがグーグルの社員でなかったにも関わらず、
無料で提供されるごちそうが詰まったラックに何度も何度も足を運んだ。

会議の初日が終わったときには、食べ残しの菓子が散乱していた。

~~~中略~~~

もしもグーグルがこのスナック菓子に
10セントでも料金を請求していたらどうだろう?
きっとお菓子を取る人は激減して、食べきる人が増えただろう。
それに、お菓子を手にした人は、自分の決断により満足したはずだ。

自分がほんとうにお菓子を欲しいのか考えただろうし、
お腹が空くまで待ったはずだからだ。

—————————————————————————-

 

値段がつくということは、消費者に選択を迫るということ。
つまり、「それだけで行動をやめさせる力を持っている」ということなんです。

値段がついているものに出会うたびに、
あたかも私たちの脳の中に合図がの旗があがるようだ。その旗はこう言っている。

『それだけの値打ちがあるものか?』

書籍の中には、そんなフレーズもありました。

また、とあるバスの乗車券(パス)・・・
30ドルもするというのに、パスを失くす人が非常に多かったそう。
そこでパスの発行に1ドルの手数料をとる、という新しいルールを導入しました。
するとパスの紛失がほとんどなくなったそうです。

グーグルの無料お菓子や、バスの乗車券のケースでは
わずか1ドルでも「お金を払う」という行為によって
消費者のモノやサービスを見る目が変わる、というのがよく分かる事例ですよね。

先日の記事では、
これまで有料だったものを、いかに無料で提供するか?よりも、
これまで無料だったものを、いかに有料で提供するか?という話が
このFREEの経済モデルの中で大きな役割を果たしていると紹介していましたが、
それは消費者に「これまで以上にそのサービスを大切にしてもらう」という
戦略にもつながっているのかもしれません。

FREEというのは、
モノやサービスを沢山の人に届ける方法ではありますが、
その中には、時にそれを必要としていない人まで混ざってしまう。
そのため、もし自分のサービスが
「サービスをひとりでも多くの人に届ける」という目的ではないのなら、
導入には注意が必要だということです。

うーん。なるほど。
ただ無料にすれば良いというわけじゃないんですね。

そういえば、よく街で「無料サンプル」なるものを配っているのを見かけますが、
まさに、「FREE」!・・・と言いたいところですが、
こちらの本をしっかり読んだ方は、これが「FREE」という経済モデルではなく、
単なるマーケティングの手段であることに気がつきますよね。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略/クリス・アンダーソン

¥1,890
Amazon.co.jp
  1. 内部相互補助
  2. 三者間市場
  3. フリーミアム
  4. 非貨幣市場

ただ単純に商品の「無料版」を消費者に提供しているだけで、
それを補うための別の課金はこの場で発生していないため、
無料サンプルというのは、実は上のどれにも当てはまらないんです。

また続けて、ご紹介いたします!
明日からの記事も、どうぞお楽しみに・・・

 

本日の記事、面白い!と思っていただけた方は、是非応援クリックをよろしくお願いいたします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Be Sociable, Share!

    MY COMMUNITY!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です